ご指導例㉒海外:ヨーロッパ現地校からICU国際高校合格

生徒さんの希望

ベルギーに住む中3男子。日本の数学を勉強して帰国子女入試に備えたいとのこと。学校の成績はなかなか良いようですが、スポーツ活動が忙しく、能率的に勉強したいとのことです。第一関門は帰国後の高校入試です。志望校は有名難関校とICU国際高校です。合格しても付いていけるように日本の問題集で練習したいとのことです。


指導内容・予定

日本の中学の数学に対しては、定評のある受験問題集を使用し、習っていないところは基本から解説しました。授業は自分で問題を解いてわからなかったものについて、必須基本事項の公式や定理も踏まえて解説しました。また、エッセイの添削指導も行いました。語学力はかなりあるようで、内容の論理性に注意して添削しました。週1回ずつ60分で授業を行いました。


使用教材・先生

数学は新中学問題の発展編から難問過ぎない問題を選びました。必要に応じて基礎的な問題も選びました。エッセイは受験する学校で過去に出題されたもので書いていただき、添削して授業しました。習っていない内容もありやや苦戦しましたが、出題が予想される範囲の代表的な問題は取り扱いました。数学は学習コーチである私が担当し、英語の添削はイギリス在住のプロの翻訳家の方が担当しました。


成果

帰国子女入試では第一希望の難関校は逃しましたが、ICU国際高校に合格できました。合格して日本に来た時、わざわざ横浜の教室に挨拶に来てくれました。語学力をより伸ばして、海外に大学に損が区したいとのことでした。高校入学後はしばらくブランクがありましたが、3年生も近くなってから、再びインターネット家庭教師eゼミくんでお世話することになりました。

インターネット家庭教師eゼミくんは高性能ホワイトボードで互いに書ける。