ブログ一覧

過去問対策はオンライン家庭教師eゼミくん

いよいよ12月。過去問をやる時期になってきました。eゼミくんでは過去問の説明や質問対応、さらに類似問題の練習を行い万全の対策を行います。面接や小論文の対策、英作文の対策も短期集中で可能です。

ぜひオンライン家庭教師eゼミくんにお問い合わせください。スカイプだけで簡単に始められます。

2018年11月24日

英語の質問箱

皆さんからの英語に関する質問をメールかTwitterにお寄せください。抽選で選んだ質問にオンライン家庭教師ゼミくんの家庭教師が無料で答えます。質問の内容によってはここではお答えできなものもありますのでご了承ください。その場合は授業として解説できます。

 

 

2018年11月24日

英文Essayの添削:生徒ヨーロッパ在住,先生日本在住

Poetry Comparison Essay
“Spring rain” - Matsuo Basho
Spring rain
leaking through the roof
dripping from the wasps' nest.

“First winter rain”- Matsuo Basho
First winter rain
Even the monkey
Seems to want a raincoat

When it starts to rain, even a light sprinkling rain, people might feel sad or down because it’s dark outside and it affects our plans. “Spring rain” and “First winter rain”, written by Matsuo Basho about two centuries ago, are basically about rain in different seasons. Even though both poems focus on nature and rain, their themes have more to do with human egos and our inability to see things outside of our own frame of reference. Both poems force the reader to step away from his or her usual point of view to consider the world from a new perspective, and also these poems include humorous moods and specific words to lead the reader to imagine the view which he is easily led to see.

In “First winter rain,” the speaker forces the reader to alter his perspective and to view the rain not only from his own eyes but from the eyes of a monkey. When the reader starts reading this poem, he or she might first imagine a first winter rain. For example, on a cold winter day, people are walking on the street with umbrella when it starts to (消す。 cold winter ) rain, 消す。For exampleとかぶるため。 or something like that. ) However, when people look at the second line of the poem, the thing, people imagine before, will be changed by the word, monkey. People don’t usually see them in their lives except when visiting the zoo or climbing the mountain. That’s why people will think why the speaker mentioned about monkey and also they will change their own view of winter rain and imagine the monkey in the rain. In addition, the third line of this poem affects(消す to a ) people’s egotistic way of thinking as well. People will realize that the monkey also feels cold in winter rain and wants a raincoat like a human. Many people don’t really care about ( nature’s feeling →how animals feelに変更)every time because every ( people have →everyの後は単数のため、person hasにする)a personal feeling or a subjective judgment. For example, when people find a flying insect around them, they might kill it by their hands or spray without thinking animal’s feeling because people do not want it to sting. That’s ( the を消す) one of the reasons why the speaker put the monkey suddenly into this poem. The speaker want s the reader to think or focus on the view of nature’s side, ( and →thereforeにする)he (消す also )use s the unusual things such as the monkey wanting a raincoat in order to make a humorous mood and lead people to consider the nature objectivity and easily.

In “Spring rain”, there are some similar points and style with “F irst winter rain” such as way of looking at nature and focusing on nature without selfish thinking. In the beginning of the poem, people will imagine spring rain based on their own experiences again. When people continue to read this poem, they might think that why speaker put the specific word, wasps’ nest, as same as monkey in the first winter rain. Some people will say this poem does not have nature’s feeling compared with “Fist winter rain”, but it does. Even though the wasps’ nest is not an animal, it has a feeling in a sense. (As following →Inに変更 )old Japanese, the season of spring in this poem is between January and March, so today’s spring is different from this poem. Assuming that this poem (wasを追加) written between January and March, wasps’ nest does not have wasps inside because it’s winter. That meansthe speaker wrote about empty wasps’ nest with the rain in this poem. When people imagine the empty nest, it seems to be lonely and sad because no one else is around it. Moreover, the dripping from the wasps’ nest looks like a tear, and also it means wasps’ nest were crying and feeling lonely at that time. The speaker showed people how the nest feels about without using direct words such as tear, and lonely. He gave a minute description of the view and wanted people to take a time to think this complicated portrayal and meaning to lead people to disregard their own selfish thinking of spring rain. In addition, as people know, the wasps make their nest in safety place where can avoid rain and wind. Since this poem ( said that →mentioned about)dripping from the wasps’ nest, it’s unusual situation for wasps. In addition, the second line of this poem reminds people ( about →of an) old house because if it was a new house, the rain would not leak from the roof. This part shows loneliness and silence as well. Thus the speaker used the unusual situation to make a humor and made characteristic scene description to describe feeling of nature in the indirectly way.
In conclusion, both poem s are related each other in terms of an effective expression of nature’s feeling and making poem intelligibly by using humorous mood. The speaker mostly points nature’s side to let people (消す to ) imagine and recognize nature’s perspective. Furthermore, he might have a same feeling show n in these poems such as sad ness , loneliness and cold ness, so he overlapped his feelings(消す identified )with nature’s feeling or used nature to make meaning easy as a projection. Therefore, either way, the speaker respects nature strongly and expands his imagination by looking at the details of nature. Not to forget that the nature is always around us and they also have feeling as people have, and looking something from various view points are important for him and us.
段落の構成
第一段落:introduction
Both of these two poems contain the word “rain” and depict scenes on a rainy day. However, there are both similarities and differences in terms of the perspectives and feelings expressed in them.
第二段落:similarity 1
As for the similarity, they both show our inability to see things outside of our own frame of reference. Both poems force the reader to step away from his or her usual point of view to consider the world from a new perspective,
以降、そう思った理由や例をのべる
第三段落:similarity 2
Secondly, both of these poems include humorous moods and specific words to lead the reader to imagine the view which he is easily led to see.
以降、理由や 例を述べる
(もしあれば次の段落以降もsimilarityを書く)
第四段落:difference 1
monkeyはいるが、waspはいない。waspがいないことで、余計ものさびしさを感じさせる。人にどんな情景かを想像させる。など。
(もしあれば次の段落以降もdifferenceを書く)
最後の段落:conclusionでまとめる
As mentioned above, I found that these poems have many things in common regarding A, B and C. However, they do have differences as well such as A, B and C.

2019年05月13日

英作文無料添削

オンライン家庭教師eゼミくんの先生(英検1級またはTOEIC満点近く、TOEFU高得点の講師)があなたの英作文を無料で添削します。IELTSの添削もお任せください。高得点保持者が丁寧に添削いたします。

 

◎ワードファイルにしてメールでお問い合わせから英作文添削希望と書いてご応募ください。

◎抽選ですので応募してくれた方全ての添削ができるとは限りません。

◎必ず日本語の問題文を添えてください。

◎抽選は無作為ではなくブログの趣旨にかなったものを選びます。

◎抽選結果は当ブログの掲載をもって発表に代えさせていただきます。

◎抽選に外れても授業として30分または60分で解説できます。

 

2018年11月27日

物理の質問箱

皆さんからメールやTwitterに寄せられた物理に関する質問を抽選のうえ、オンライン家庭教師eゼミくんの家庭教師が無料で答えます。質問の内容によってはここではお答えできないものもありますのでご了承ください。その場合は単発の授業となります。

 

2018年11月24日

数学の質問箱

皆さんからメールやTwitterに寄せられた数学に関する質問に、オンライン家庭教師ゼミくんの家庭教師が抽選のうえ無料でお答えします。ここではお答えしにくい質問もありますのでご了承ください。その場合はご希望により単発の授業となります。

 

2018年11月24日

北海道大学2016年過去問英作文添削

The author suggests that eceryone who lives in a city should ride a bicycle to get to work. Write approximatery 70-100 words arguing against this suggestion. Give at least two reasons to support your argument.(You will not lose any points if you write more than 100 woeds.)

インターネット家庭教師が丁寧に添削します。

①車の方が通勤時間を短縮できる、②車の方が、事故の際の危険性が低い という2点ですね。②の方は、事故の統計などを見たわけではないので本当かどうか分かりませんが(私は、車の方がスピードが出ているので、危険な事故が多い気がします)、藤原さんの答えでは、車の安全機能など例を挙げて、論理的に主張できているので、答えと十分成立していると思います。その他の理由としては、
・街によっては自転車で走りづらい(道がせまい)
・すべての通勤者が健康で、自転車をこげる体力があるとは限らない
・悪天候の中、自転車をこぐのは難しい。濡れてしまう。

などが考えられます。考え方のヒントは、筆者の主張の中にあるeveryone who live in a cityというところです。「全員」と言っていますが、人によっては、住んでいる町の様子も、個人の体力も条件が違います。それを意識して書いてみるといいと思います。

<文法上のアドバイス>
・問題文で、二つ以上理由を挙げるよう指示が出ている場合は、Firstly, Secondlyなどを使うと、採点者にも分かりやすいので心がけましょう。
・書き出しに「○個理由があります」とすると分かりやすいです。I have (There are) two reasons why I am against the author’s suggestion.や、I am against the suggestion for two reasons.がよく使われる表現です。
・maybeやprobablyは主張をあいまいにするので、極力使用を控えましょう。
・一文が20語以下にしましょう。
・securityは精神的な心配、警備、治安などに対する安全・安心感を意味し、safetyは身体的な安全を含む、広い意味での安全を意味します。この場合は、身体的な安全なので、safetyが適切です。
・100語のみの短い作文なので、同じフレーズをなるべく繰り返さない方が良いです。例えば、最後の文章ですが、「安全システムがないため」ではなく、「exposed 身体が外に出ているため」に書き換えてみました。

2019年05月11日

北海道大学2014年過去問英作文添削

(C)Imagine that you have received the following email invitation from a close friend to attend a flash mob ivent: "Hi! Let's get together at Odori Park during the Sapporo Snow Festival this Friday at 6 pm and have a big snowball fight !" Dou you think this activity would be worth participating in? In 70-100 words , state your opinion and give THREE specific reasons to support your position.

TOEIC900や英検1級の先生が添削します。


① 分詞構文の用法です。
➁自分がどうしたいのかについて答えるものなので、we shouldというgeneral な表現ではなく、I would like to /I will/ I prefer toなど自分を主語にしたものが良いでしょう。

よくかけています。
より説得力を持たせるのであれば、本文中の主張を捉えて関連付けるといいでしょう。
例えば、本文中では「団結力の表現」について触れられているので、一点目のinteract with many strangers とうまくつながっています。
同様に、本文中では反対意見として「通勤通学の迷惑になる」という点が挙げられいますが、これを3点目と関連付け、「今回の時間設定や場所はそういった問題は引き起こさない」と懸念を払拭するような理由を書いても効果的です。

2019年05月11日

北海道大学2013年過去問英作文添削

People rescued in the mountains in Japan should pay the full cost of their rescue. Do you agree or disagree ? Explain why in 70-100 words giving two reasons to support your opinion.


インターネット家庭教師eゼミくんで難関大学の英作文の添削実施中です。

 

①本文中では、「山頂へ行く夢をかなえる」という点が強調されてるので、その部分も入れられればなおよいです。

➁最終段落にbenefitがまとまっているので、そこを参考に答えましょう。
二つの理由がよくかけています。
③一つ前の文章と類似した内容を繰り返している印象があるので、ひとつにまとめたほうが良いと思います。Authorityは権威、権力のある者という意味に近いので、この場合はresponsibilityやown choice(自身の選択)などが適切でしょう。
④So, は口語的なのでWritingでは、必要のないときは書かない方がよいでしょう。Thereforeなどで代用できますが、こちらも本当に必要な時に限ったほうがよいです。
⑤Very awfulでも文法的には間違いではありませんが、感情的なので、not reasonable/irrational (非合理的)などが適切でしょう。
⑥論理が飛躍している印象があります。「山への旅行客が増えると、事故の可能性が高まる。事故が増えると、国民の負担が増える。」と2段階で答えを書くとよいでしょう。
⑦このweが誰を指しているのかよくわからないので、もう一度問題文に戻りPeople rescued と書き加えたほうが良いです。

ただ、繰り返しが多い印象を受けるので、具体的な例を書くことで内容を濃くすると良いと思います。
論理が飛躍している部分(旅行客が増えると、市民の負担が増えるなど)は、書き始める前にしっかりとプランニングをすることで防げます。また、答案の見直しをするときには、「採点者(何の知識もない人)にも良く理解できるか」を念頭に置いて読み直しするとよいと思います。

2019年05月10日

北海道大学2012年過去問英作文添削

Noise is an unavoidable part of modern life and cannot be reduced. Dou you agree? State your opinion in 70 to 100 words. Include examples or reasons to support your opinion.

インターネット家庭教師eゼミくんで英作文の添削ができます。

① 書き出し分かりやすいです。最初に主張をまとめて書き、そのあとで理由を説明したらいいと思います
➁こういったものは騒音の原因になると本文中で説明されているので、改めて書く必要はないでしょう。
③「発展途上国では、たくさんの建物やインフラ(鉄道や空港、道路など)を作る必要があり、その過程で騒音が生まれる」など具体的に騒音が生まれる理由について述べると内容が膨らみます。例えば、In particular, in many developing countries, the demands for the new buildings and infrastructures cause the severe noise pollution.
④繰り返しになっているので、省いても問題ありません。
⑤繰り返しになっているので、違う表現に変えたほうが良いと思います。途中に出てきていたWe should afford to enjoy the various noises.などにしてもよいと思いますが…


質問文は「騒音は現代の生活の一部で、減らすことができないものである」というテーマに対して、賛否とその理由を答える問題です。以前指摘しなかったのですが、70語~100語と短いので、段落を分けずにつなげて書きましょう。

騒音は仕方ない、減らせないという理由をしっかりかけていますし、「騒音には慣れるべき」という意見も説得力があります。ただし、一部繰り返しがあるような印象を受けます。字数が短いので、繰り返しは極力避けましょう。

都市を開発していく必要性について触れられたのが非常に良いと思います。答えでは、「heavy equipment」に絞って、もう少し具体的に答えたらよかったと思います。

本文で健康上の問題が多数指摘されているので、このclaimに賛成するのはかなり難しいと思います。学部にもよりますが、今回は「反対」で書いた方が効果的な答案になる可能性もあります。賛成でも反対でも両方で書けるように練習したほうが良いと思います。答案では自分の本心ではなく、より豊富で正確なボキャブラリーで解答できる意見を選んで書いた方が良いと思います。

2019年05月10日

化学の質問箱

皆さんからメールまたはTwitterに寄せられた化学に関する質問を抽選し、オンライン家庭教師eゼミくんの家庭教師がお答えします。ここではお答えしにくい質問もありますのでご了承ください。その場合はご希望により授業で解説となります。

 

2018年11月24日

オンライン家庭教師eゼミくん18年の回想録

オンライン家庭教師というオンラインでの家庭教師を日本で初めて開始して18年。その立ち上げからの回想録です。気まぐれ更新ですがよろしくお願いします。

長谷川

2019年01月14日

TOEFL英文Essayの添削:生徒ヨーロッパ在住,先生イギリス在住

オンライン家庭教師ゼミくんでは海外インターナショナルスクールや現地校の生徒さんのTOEFLやSATの対策、学校の補習、IBや日本のカリキュラムの勉強も承っております。

以下はTOEFLに向けてのエッセイの添削授業での添削答案です。添削の後に通常はスカイプで解説授業を行います。添削者は海外の難関大学院・大学出身者やプロの翻訳家で日本人の方です。添削のやり方は添削者によってPDFを使う方などその方によります。いずれにしても構成にも及ぶ詳細な添削です。

 

 

インターネット家庭教師eゼミくんなら海外の補習やTOEFL対策もできます。

添削に時間が掛かってしまい本当に申し訳ありません。
忙しい中エッセイを書いてくれて有り難うございました、又お疲れ様でした。
テキストをほぼ一冊一生懸命勉強しましたし、実際に書く練習も何度もしましたので
TOEFLのエッセイには大分慣れたと思います。
今回のエッセイも問題の難易度の割には良く出来ていると思います。
Integrated Writing は中々難しいと思います...
兎に角何度も練習ですね!
テキストの中の Practice で既にエッセイを書いたものでも
何度か再チャレンジしてみると良いと思います。
Parrot Phrases を色々学びましたがこれ等も積極的に用いて表現の幅を広げて下さい。
The reading/listening passage という表現が多い様に感じます。
是非 Sample Answer も参考にしてみて下さい。
その際、授業でしていた様に、使われている単語や表現等まで、一文一文分析出来ると尚良いでしょう。

以上です。
何か質問等ありましたら、遠慮無く訊いて下さいね。
○○さん程の優秀な生徒さんでしたら十分分かっていることだと思いますが
学ぶことは喜びですから、将来、あの時もっと出来たなあと後悔することの無い様
精一杯勉強に励んで下さい!
でも、無理し過ぎて体を壊したりしない様に気を付けて、楽しんで勉強して下さいね。(添削者○○)

 

2019年05月12日