公立高校受験の神奈川県中3女子学習計画

毎週の予定

◎週2回を原則に英語・数学中心にテスト対策として臨時の授業を随時行う。

毎日の課題:文単を毎日こなして単語を文中で覚えてゆく。CDを用いて速読練習と聞き取りの練習をする。進度は毎週報告してもらい抜粋して単語テストを行う。(学習コーチがメールによる)

 


数学

数学は学校の授業先行して予習する。使用は塾専用問題集。標準的な問題集を用意したが、ほぼできるので入試問題の多い問題集を併用する。過去問の利用を早めに開始。

5月 中2のまとめを行い、わからない問題を解説

6月から11月 中3学習内容を先行学習。オンライン家庭教師eゼミくんの動画などで効率的に予習。問題をやって疑問点やわからない問題を解説。学校の問題集で疑問点を解説。

12月以降 過去問で実践力を養成。毎回問題を指示して解答してもらい、間違えたりできなかった問題と同じような問題を練習。思考力を問う問題を集中的に学習。

 


英語

英語は新中学問題集だが本人の学力が高いので文法事項を早目に終了し入試問題中心の問題集を中心にする。新中学問題集は文法事項の予習に使用する。長文や資料・グラフ問題等に対応できる速読力を付ける。単語は文単を利用し語彙を増やす。同時に速読力とリスニング力を養成する。

毎日の課題:文単を毎日こなして単語を文中で覚えてゆく。CDを用いて速読練習と聞き取りの練習をする。進度は毎週報告してもらい抜粋して毎週単語テストを行う。基本例文の暗記を毎週テストする。(学習コーチがメールによる)

6月~8月 中学の文法事項を8月までに終了。問題集の基本例文を覚えて英作文対策とする。

6月から12月 中3単語を文単で習得。速読力・リスニング力を養成

9月~2月 高校入試問題に取り組む。神奈川だけなく似た傾向の入試問題を練習する。


テスト対策

神奈川の場合3年の後期中間テストが重要なので、テスト前は通常の授業以外にテスト対策授業を増加し、理科など問題集を解いてもらい、解説が必要なものについて授業で解説する。過去の公立中学の問題を練習して典型的な出題の問題は完全に解けるようにする。

神奈川で数万人が受験する模擬試験に参加し、同年で志望校を受ける生徒たちの中でどのくらいに位置するのかを客観的に把握する。